オルカトレーニングラボ

オルカトレーニングラボ

伊藤透のブログ

健康とパフォーマンスのために必要な栄養とは?

2019.2.14

自転車という乗り物は、健康的な生活を送る上で非常に有効なツールだと考えています。例えばそれは、通勤に運動を取り入れたり、週末は気分が晴れるサイクリングを楽しんだり、家族や仲間と何処かへ旅に出るなどのように日々を過ごすことで身体的(Physical)・精神的(Mental)・社会的(Social)に良好な状態“へ整えることができるということです。

 

今日はその中でも”身体的”という部分に着目したお話をしたいと思います。

 

ただ自転車に乗るだけで健康的なのか?

 

エンデュランススポーツ愛好家たちは、身体中の様々なエネルギーを消費しています。それがサイクリストであれば、週末に3時間以上乗って1,500kcal以上を消費するなんてことは多くあるでしょう。

 

そうした活動代謝を含めた消費エネルギーを1日3食で補うということは、運動量が多くなれば多くなるほど難しく、補えない場合は倦怠感や体調不良、果てはパフォーマンス低下などへと繋がります。

 

ただ、食事を摂取しようにも、なかなか多く食べることはできない。そんなこともあるので”サプリメントで補給する”という選択肢を選ぶことも増えてくるでしょう。

 

ここで、Cycling WeeklyではNutritionについて説明しています。

 

Supplements for cyclists : health and performance boosters you can really trust ( Feb.13 2019 )

 

こちらでは、”サイクリストの健康およびパフォーマンス向上にオススメする9つの成分(サプリメント)“を紹介しています。

 

プロテインを始め、鉄分やカフェインなど、いくつか聞いたことがあるサプリメントばかりだとは思いますが、ここでびっくりなのがクレアチン“や”β-アラニン“、はたまた”硝酸塩(Nitrate)”などの成分が含まれていることです。

 


【余談】硝酸塩は、日本では馴染みが馴染みのない「ビーツ」に含まれていて、知り合いの外国人サイクリストたちの間では「ビーツがエンデュランスはいいんだよ、パフォーマンスが向上する」とオススメされたことがあり、ビーツ系ドリンクサプリメントをいくつか紹介してもらったことがありました。飲んだら意外と美味しいです。その際に、硝酸塩がエンデュランスパフォーマンスに与える影響を書いた論文を探して読みましたが、確かにポジティブな物が多くありました。その時は、検索能力不足であまり多くの論文を読むことができませんでしたが、もう一度探して読んでみようかなと思います。


 

私自身が見逃しているかもしれませんが、これらはここ数年の自転車関係のメディアではまず登場しないであろう成分であり、クレアチンはまだしもβ-アラニンや硝酸塩を耳にしたことあるサイクリストやトライアスリートは少ないのではないだろうか?※ちなみに個人的に愛読している月刊ボディビルディングや、自身が保有している資格の機関紙( Strength & Conditioning Journal など )では頻繁に登場してきます。

 

こちらの記事のテーマの中に”パフォーマンス向上”が含まれているので、確かに入っていてもおかしくない成分ではありますが、その成分の紹介だけでなく、どんな物にどれぐらいの量が含まれているのか、その効果や1日または1回の摂取量、どのように飲んでいけばいいのかが的確に書いてあることが驚きでした。※意外と読めると思うので、一度目を通してみてください。

 

Cycling Weeklyではこうした栄養に関する記事がいくつもわかりやすく書かれているのですが、それを読み返してみると、海外のサイクリストの基礎的なレベルが高いのかが強く理解できます。その根底には、”健康とは何か?”という本質的な部分が確実に浸透していて、機材だけでなく”カラダも大切にすること“が読み取れる記事が多く、それを踏まえた上で”自転車というツールを最大限楽しむ方法”を伝えてくれるように感じるので、非常に面白いです。

 

自転車は機材スポーツというのは事実であり、エアロフレームやディスクブレーキ、12速やワイヤレス電動化など、機材に対しては敏感に反応したくなる気持ちは非常にわかります。事実、私自身が次に買うなら”エアロフレームでディスクブレーキで12速化されたワイヤレスの変速機が欲しいなぁ”なんて夢を詰めこみまくった思想を持っているくらいです。

 

しかし、忘れてはいけないのは、そうしたすべての機材を扱うのは”あなたのカラダ“だということ。栄養やトレーニングについての知識を手に入れて、”健康的な自転車生活”を手に入れませんか?

 

栄養なトレーニングに関するご相談も、受け付けていますので、興味のある方はご連絡ください。

 


【あとがき】また、この記事の最後にはこう締めくくられています。

“If you are subject to anti-doping rules, then make sure that your supplements come from a reputable company that provides a certificate to prove it has been batch-tested for banned contaminants by a recognised sports anti-doping lab. Look for the Informed Sport logo on the label and check the batch number on the Informed Sport website,” 

要するに、アンチドーピング機構が認定したサプリメントと摂取すること、ですね。