オルカトレーニングラボ

オルカトレーニングラボ

トレーニングの教科書

3本ローラーを使ったロードバイクの乗り方 ( 初級者 / 中級者編 )

2022.2.24

3本ローラーを活用した練習方法をご紹介いたします。

 

3本ローラーを有効活用することで、体力向上だけでなく、ボディバランス向上(落車回避や集団走行への慣れなど)や、ロードバイクをスムーズに進ませるための技術の習得、走行時の膝や腰への負担を軽減する動きの習得にも繋がります。

 

今回は、それらの感覚(コツ)を習得するための、基本となるなつの動きを動画にまとめましたので、ぜひ一度ご視聴下さい (動画時間3分30秒程度)

 

 

以下、動画上では説明しきれなかった内容を補足します。

 

片脚ペダリング について

片脚ペダリングを実施する際に意識したいのは、しっかりと踏み回すことです。

 

おそらく多くの方が、引き足動作を強化する意図でおこなっていると思いますが、当施設ではしっかりと踏み込みつつも、踏み足の邪魔しないよう (ブレーキをかけないように) にスムーズに動かすための感覚を身につけるように意識しておこないます。

 

そのために、上死点から一気に力強く踏み込み、下死点通過前(4-5時の間)までに脱力し、その勢いで回転するクランクを邪魔しないように脱力して引き上げるようなイメージしてもらいます。

 

多くのサイクリストは力を入れること (踏み込むこと) は得意なのですが、脱力することが苦手な傾向にあり、上記のイメージは、自転車上でのペダリングという特異的な動作に合わせた脱力の習得/力のON-OFFをスムーズに行うためのコツを掴むためのドリルだと考えています。

 

● 補足の補足 (とても大事なこと)
そもそも、ペダリング動作の脱力以前に、陸上におけるジャンプ動作での脱力がうまく行えない場合、上記を意識した片脚ペダリングを、どう頑張っても習得できない可能性があるため、スクワットジャンプの動作習得から始める必要があると考えております。

 

動画上では片脚ペダリングに関しては、初級 – 中級者となっていますが、以上の繊細な競技動作から考えると、個人的には中級 – 上級者対象のドリルにもなり得るのではないかと考えております。とはいえ、今回動画で紹介した理由は、動画上のテーマの一つにもある “ボディバランス強化” としての意味もあるため、紹介させていただきました。

 

まずはやってみる。

 

そこから徐々に動作を研磨するようなイメージで行いましょう。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

 

【指導依頼に関して】
● パーソナルトレーニングの依頼は こちら
● パワートレーニング の依頼は こちら
● フィッティングの依頼は こちら